ママがゆったりした気持ちで育児を

妊娠中からもいえることですが、ママの情緒が安定していることは赤ちゃんを育てていくうえでとても重要です。

心配事やイライラがあると、母乳の出にも影響が出てくることはよく知られていると思います。

ママが安心できる環境で過ごせるように周囲の方は出産した女性をしっかり守ってあげましょう。
守るということは環境を整えてあげることです。

出産後しばらくは、体の回復や生まれたばかりの赤ちゃんのお世話で心身の負担が大きいので、食事や洗濯・掃除などの身の回りのことの周囲の人がするようにしましょう。
また、それだけではなく、睡眠不足やホルモンの作用で心の不調が起きやすい時期なので夫婦喧嘩をしたり心無い言葉をかけることは絶対に避けるようにしましょう。

赤ちゃんはママの様子をよく見ています。
ママが、気持ちがリラックスしていて赤ちゃんに笑顔を見せると、赤ちゃんも安心します。

出産後のこの時期は、ママ自身も決して無理をせずに、自分と赤ちゃんのために周囲の手を借りましょう。